2011年06月08日

ニリンソウとハルニレ

ニリンソウ_パノラマ1.jpg


上高地は花盛りの季節が始まって、新緑の風と共に歩いてきました。
ニリンソウは沢山群落がありますが、徳沢が有名で、ハルニレの大木も見事です。
これを見るために2時間ほど歩いて上高地ファンが訪れます。
ハルニレの木は信州にはあまり多くは見られないのですが、上高地にはとても多く
明るく爽やかな森をつくっています。

ここは素敵なキャンプ場にもなっていて花畑に野鳥の声、夜は星空を楽しめて
人も少なめ、原生的で気持ちも穏やかになる夢のような場所です。
小説「氷壁」で有名な徳沢園の地下水で入れたコーヒーもおすすめ。
posted by Tsujinaka at 14:23| 長野 ☀| Comment(0) | 上高地 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]