2013年01月16日

フランス式階段流路

013hachibuse130113.jpg


牛伏川のフランス式階段流路は砂防のために大正時代につくられました。
上流には明治時代の石積み砂防堰堤が驚くほどきれいに残っています。
凍てついた河川を上流の尾根まで歩いてきました。
手間のかかった素晴らしい工事で防災に対する想いを感じました。

posted by Tsujinaka at 19:38| 長野 ☀| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]